記事一覧

初音ミクの匂いを嗅ぎたい

ファイル 453-1.jpg

床にうつ伏せに寝そべって読書をしている最中の初音ミクの足のほうから近づいて、触れるか触れないかのギリギリの距離を保ちつつ匂いを嗅ぎ、その際誤って接触してしまい、それに気づいて振り向いた初音ミクに対して読書の邪魔をしてしまったことを本当に済まさそうに謝った後、読書を再開しこちらに気を留めなくなった初音ミクの匂いを再び嗅ぎつつも、再び誤って接触したい。

ページ移動