記事一覧

サークルカット

ファイル 943-1.jpgファイル 943-2.jpg

3月と4月のサークルカット。
京都にも行きます行きます。

新刊はドキドキの総集本で、150~170ページぐらいで、恐らく¥500。
縦長漫画を取り集めたもので、今まで出した本とは明らかに異なるベクトルの本です。膨大な量の挿絵の描き足しが特徴になりそう。

以前製作した合同本”ドキポチ”も次のイベントから取り扱います。36ページで値段は¥200。
レイフレのときと値段が多少違いますが、評価不要のスペースで取り扱っている同じぐらいの規模(40ページ)の本が¥200で置いてあるのでということで。
相方さんの方での販売はそのころには終わっているだろうし、本作るのに手間がまるで掛かってないし、客層も違うしで、特に問題はないでしょう。

けれど、本を安くする一番の理由は、やっぱり早く無くならせたいから。
売れる見込みのつかない大量の在庫を抱えるのがこんなにもフラストレーション溜まるものだとは思わなかった。もうオフセはやらない。
「またいずれなんか描こうとキッパリ言ったばかりだったのに…、スマンありゃウソだった。」

---

pixivにいつの間にかアクセスブロック機能が付いているのを発見してしまった。見なきゃよかった。ブロックされまくってそうでコエーコエー。

マイピクとフォローが意味的にあまり変わらず、フォロー状態でも遭遇する人には度々遭遇する感じなので、マイピク全部削除して統合しました。
整理中、知らぬ間にマイピクさんの一人がアカウント停止になっていた。何度かお会いしたことがあるけれど、実物はそういう方ではないのだけれど。どうした、なまこさん。
評価不要もミッキーマウスボコボコにしたりサザエさんの首取れたり修正忘れてたり悪さばっかりしているのでやばいかも。アカ停止するまでに早いとこpixivに変わる絵描きSNSが出てきて欲しい。

ふたば自作絵板の立ち上げ当初のような、絵描きが絵で絵を洗う地獄の修羅場のような場所が出てきて欲しい。
あの修羅場を永続させるにはどうしたらよかったのだろう。天下のpixivやtwitterですら離れていくユーザーが多数おられるわけで、そこらの理由を集めていけば永続する絵描き地獄場への答えが見出せてくるのだろうか。人脈はないけれど、24000近くのフォロワーがおられるので、データ集計とかでもあるいは使えるのかも。けれどやはり人脈がないとユーザーは集まらないのかも。誰か有志の人たちが旗揚げしてくれる日がくることを祈ろう。その時には最大限の力添えをしよう。

サークルカット

ファイル 891-1.jpg

10/6のサンクリの申し込み用。
予告どおり、スイプリ本出します。30ページぐらいで200円。

その他の絵スレ

ファイル 800-1.jpgファイル 800-2.jpgファイル 800-3.jpgファイル 800-4.jpg

左上から、
・コピー本の表紙絵。
・2013/2/11のサンクリ申し込み用のカット。
・新たに作成した表紙絵。タイトルを入れるスペースが全然無かったので新たに描き起こし、前のは裏表紙に。
・挿絵。


やはり、デジタルの塗りは強い。

---

スレの寿命尽きるまで、見聞きするとなんとなく笑ってしまう単語を並べてみる。
いろいろつぼな単語があるのだけれど、いざ書こうとすると思い出せない。
・マーベラス
・テクニシャン
・セバスチャン
・ナン
・杉田玄白
・波平
・ホトトギス
・マッスル
・ボディ

モノクロ絵スレ

ファイル 736-1.jpgファイル 736-2.jpg

イベントのサークルカットなど。

1/15 こみっくトレジャー終わり

ファイル 729-1.jpgファイル 729-2.jpgファイル 729-3.jpgファイル 729-4.jpg

こみっくトレジャー終了しました。来られた方々に感謝感謝。

今回は時間不足でした。
正直、大阪に行くだけ行った感じでした。
描くので手一杯で、初B5サイズコピー本の製本手順の詳細とかまで煮詰めることができず、未開封の機材を持ち込んでの会場でのぶっつけ本番だったり、部数も確保できずで、サークル参加する側としては散々でした。
例えば、角をきっちりそろえての紙留めなんかはブックエンドを併用すればもっと綺麗にできたし、背表紙に貼ったテープについても貼らずに済ませれるかもという方法が後になって出てきたり、テープで本のタイトル隠れてたりetc。
そんな失敗からの教訓を活かすためにも、更に調整して準備して次回以降のイベントで取り返すのが、これからやらなきゃいけないことだろうかと思っています。大阪にも別のイベントで再び乗り込む予定で、その際には今回の品の返品も受け付けようと思っていますので、何かのついでにお越しいただけたらと思います。(むしろ今回の品が手元に残ってないのでサンプルに取っておきたい)。多分、6月のComicCommunicationというイベント。関西コミティアも興味あるけれど、時期が近いならオールな方を。

ただ、そんな中でも購入した頂いた方々にはただただ感謝しきり。pixiv見てますといった声をかけていただけるのは、心底うれしいです。できたら、タメ口で良いので関西弁でお願いしたかった。
pixivで拝見していた幾人かの絵描きさんにも合えたので良かった。
全体的にテンパっていたので、大した会話もできず申しわけなかった方々も。
会場見て回るのも忘れてた。同人誌以外のブースも見てない。何にもしてねぇ。次回こそは。

コピー本用の絵スレ

ファイル 728-1.jpgファイル 728-2.jpgファイル 728-3.jpg

まだまだまだ。

ーーー

スイプリを改めて始めから見ていますが、気づいたことなど。

・当時はなんとも思わなかったエレンが、味方になると分かった今となっては可愛く見えてくる不思議。
エレンが味方になってからのエレン回が少ない。
全体的に他のプリ○ュアより太ももが太めに描かれているので、やはり太ももっコらしい。

・必殺技は、シンプルでスピード感ある単体のミュージックロンドが一番良い。動きもエッチだし。

・フェアリートーンが後半丸っこくなった。

・アコちゃんは、そのままちゃん付けで呼び続けて欲しかった。あと、今は小さいけれど、大人になったらアフロディテ様みたいに巨大になるんだろうか。

・たまに出てくるスケッチ風の一枚絵は誰が描いてるんだろう。

・前半のエンディングのダンスがエロい。ビートとミューズバージョンもあるといいのに。

・トリプリマイナーボンバー超おもしれー。ネーミングといい最高。

・メフィストさんが、改心しても悪役にしかみえねぇ。名前も悪党だし。

・一番好きなのは、やはり響。

・大多数の人が思ってることかもしれないけれど、響のテストの回が一番楽しい。
響が何かやらかす回は、大体可愛くて好き。

・歴代プリ○ュアの中だと、やはりあんまり媚びない感じで衣装や体型もややエッチなスイプリの作画が一番好みだと思う。

1月のイベントスレ

ファイル 707-1.jpgファイル 707-2.jpg

2012年1月のイベント関連画像のスレ。
時期が来たら再浮上してきます。

2012/1/15の『こみっくトレジャー19』と、2012/1/22の『サンシャインクリエイション54』にサークル参加の申し込みをしました。
お金も振り込んだので、もう逃げられない。

仕事で時間無いない言っているのに何故イベント出る見通し立てられるのかと言うと、前月に申し立てすれば空白作れるから。

コピー本用の絵

ファイル 434-1.jpgファイル 434-2.jpgファイル 434-3.jpgファイル 434-4.jpgファイル 434-5.jpg

コピー本用に描いた絵を貼り付けるスレ。

背景のある絵を描くときは、女の子などの人物の肌を真っ先に塗りたい衝動を抑えつつ、絵全体における基本となるカラーを背景に置くことから開始します。
基本色置き・背景を先行することによって、人物が浮かずに絵全体の統一感が増す絵に仕上がるので、出来上がりを楽しみにしつつ、割と辛抱して塗ります。
人物は必ず肌から塗ります。次に目を塗ると、大体の人物像が出来上がり士気が増すので、その士気を糧にして他の箇所を塗ります。

コミティア

ファイル 416-1.jpg

コミティア申し込みました。
9月中には今描いているものが終わると思うので、あとは当落の連絡を待って、当選だったら表紙を描いて製本して終りな感じで、非常に楽なスケジュールです。
予定としては、80Pぐらいの構成で、\200のコピー本を10冊ほど作成します。
以前と同様に、カラー表紙の絵など含め全てブログにアップしますので、サイトをご覧になられている方々に関しては、正直あまり購入するメリットはありません。一見さん向けのパンフレットみたいな感じです。カラー表紙とモノクロ本文が大体95%ぐらいの色合いと解像度で紙面上に再現されますが、修正入りますので±0です。
あと、一般客として会場を見て回りたいと思いますので、売り切れるか、1,2時間ぐらい経過したら居なくなります。

コミティア終了

ファイル 286-1.jpgファイル 286-2.jpgファイル 286-3.jpgファイル 286-4.jpgファイル 286-5.jpg

どうもお疲れ様でした。スペースまで来て下さり本を手に取ってくださった方、購入してくださった方々感謝です。
今回はちょっと知り合いの絵描きさんが多く参加されたということで、スペース前で駄弁っていることが多くて、ここらへんは来られた方々に申し訳なく思います。次回はあき一人なので多分大丈夫。

会場はコミケと同じく東京ビッグサイトでしたが、あの地獄の人ごみとは打って変わって、非常にゆったりしたもので、あき好みな感じでした。本当にこの空間で本売れるのかと心配になるぐらいに。
結果は30冊用意して29冊消化ということで、初創作の滑り出しは上々でした。ただ、知り合いの絵描きさんが何冊か買っていかれたこともあり、次回は25部ぐらい持ってくのがちょうど良さそう。ただ、あまったら次回に持ち越せばいいので、別に30部でも可かもです。
手にとっていかれた方々が、消費冊数の倍近くおられ、表紙が如何に重要か再認識しました。中身の最初の数ページが一年前の絵で、そこらが気がかりでしたが、何とか持ちこたえてくれたみたいです。
次は半年後なので、この間に更にカラーに磨きをかけるのもいいかもです。中身も次回からは、1ページ目から最新のakimboテクノロジーを採用して描けるし。あとデザインも。今年はやはり、より鮮やかで華やかな絵ということで、どれほど追従できるか分かりませんが、絵の中にお花をふんだんに取り入れてみたいと思っています。

あと空き時間に描いていた落書きもうp。何か好き勝手描いてました。

ページ移動