記事一覧

カラー

ファイル 1009-1.jpgファイル 1009-2.jpgファイル 1009-3.jpg

最近またスランプ気味です。

評価不要のスランプは、下書きがとにかく決まらなくなる。
何時間描いても、ペン入れするに値しない下書きしかできない。下書き時点でぐっと来ないと、気持ちが入ってかない。ペンが乗らない。

―――

逆光絵が多いですが、単に好きという他に、陰影を強調し拡散光に満ちた絵は非常に立体的でリアリスティックになるから。
要約すると、好きだから。

ーーー

最近、リアルタイム放送の時より響が好きかもしれない。
多分、うまく描けるようになってきたからだと思う。

タグ:カラー プリ○ュア

フレプリ 69~

ファイル 1011-1.jpgファイル 1011-2.jpgファイル 1011-3.jpg

そういえばこれ始めてから1年以上経ってる。前もいったっけ。

タグ:カラー プリ○ュア その他

その他

ファイル 1010-1.jpg

響は良い。
響は目の描き方が難しくて、上手くかけるのに随分かかりました。2年以上は掛かった気がする。

とりあえず描きたいもの描いて、絵描きの調子を整えよう。

タグ:モノクロ プリ○ュア

フレプリ 64~

ファイル 1002-1.jpgファイル 1002-2.jpgファイル 1002-3.jpgファイル 1002-4.jpgファイル 1002-5.jpg

ぼちぼち。
ビームとかの特殊効果をトーンで表現できるのが良い。線画時代は大変だった。

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

サザエさんの最後(動画バージョン)

ファイル 1008-1.gif

クリックすると動きます。

PixivでGIFアニメが投稿できるようになっていたので、だいぶ昔に縦長漫画の形で描いたものを動画にしてみました。
http://akimbo.sakura.ne.jp/diarypro/diary.cgi?no=680

描くにあたり、アニメと同じタイムスケールで忠実に描こうとすると漫画バージョンの挙動では成立しないことが分かったので、新たな解釈で描きなおしています。ポイントは階段上り切ったところで、波平がカツオに高速回転を与えているところ。


以前のはpixivに投稿した後、他のサザエさん漫画と格差が発生するので消しましたが、最近はサザエさん投稿していないので多分消さなくても大丈夫。

タグ:サザエさん

プリ○ュア娘を制覇するスレ その3

ファイル 1004-1.jpgファイル 1004-2.jpgファイル 1004-3.jpg

かれんさんの下腹部に敷かれたい。

くるみはのぞみを虐げる悪い娘なので、お仕置き。

巷では一時間でプリ○ュア娘を描く遊びが流行っているらしいですが、ここでやってるプリ○ュア制覇スレの絵が図らずも丁度一時間ぐらいの絵です。
一時間でカラーは無理。時間に追われて絵を描くのは嫌だし、今はトーンで十分なので出来る必要もない。

タグ:モノクロ プリ○ュア

PSO2のリサ先生

今まで描いたことないタイプのネタなので、どうだろとか思う。個人的には非常にキレてるネタなんだけれど、虐殺してるあたりが、んんんと。

今週はこれで漫画エネルギー使い切りました。
ロボ子さんとかM4とかグロックとか慣れないもの大量に描いたので。

PSO2のゲーム画面の描写はよく見るとすごい。メカの各部によって光沢とか反射が違うっての。
ゲーム画面は随分進歩したなと思うけれど、キャラの動きは進歩ないのが気がかり。いつまでたっても動きにタメなどの重量感がない。画面がリアルになればなるほど、動きとのギャップが大きくなるような。PS4とかの画面にもなってキャラが未だに壁にめり込んでたりしたら萎える。

ファイル 1006-1.jpg

タグ:カラー その他

カラー

ファイル 1005-1.jpg

前回描いたのがいまいち納得いかなかったので、リトライ。

タグ:カラー その他

カラー

ファイル 1003-1.jpgファイル 1003-2.jpg

一枚目のは以前もpixivに投稿したネタ。
諸事情で一度全部絵を消して以来掲示されてなかったので、再度描き。掲げときたいネタというのがあるんです。

二枚目は数年ぶりに描いたかもしれないオリキャラ。ボブカットはやはり大好き。ボンボン坂高校の真琴ちゃん好きでした。
そのうち復活させないとと思うけれど、先に予定していたオリ漫画とともに目途たたず。フレ終わったらハピネスの長いの描きたいです。描くとしたら描くもの無くなる来年の5月以降。その時描きたいの描くのが一番です。絵に魂入りますし。

以前問題視していた新塗り時の肌色の透明感は解消されつつあり、いよいよ旧塗りは使わなくなるかもしれない。
あと拡散光の使い方も微妙に変わっていたりで、評価不要塗りは何気に着実に一歩一歩進歩している感じです。やはり何度も描くことが上達には大事。

目下の新たな問題は、Cintiq Companionの発色。
i1Profilerでカラーキャリブレーションしても、若干彩度が低いみたいで、他の環境で絵を表示すると若干彩度が高めに表示される。カラーキャリブレーションされたデスクトップなどのフラットな発色の環境下では想定の範囲内だけれど、鮮やか目に着色されているAndroidタブレットなどのディスプレイ環境だと彩度過多になる。
Photoshopで色調整すれば済む話だけれど、釈然としないような。
ただ、彩度以外はキャリブレーションしていることもあり大きく色を外してはいないので、調整は彩度バー一本動かすだけで楽。

タグ:カラー その他