記事一覧

ドキプリ

年末年始は忙しくなりそうで、今からテンションが下がり気味です。

ファイル 931-1.jpg

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

絵スレ

ファイル 930-1.jpgファイル 930-2.jpgファイル 930-3.jpg

みなさんがコミケで慌しくなっているなか、評価不要はイベント終わって和み状態。

3月に向けてまた充電します。

ーーー

最近描く絵は、プリ○ュアを描くために違和感の無いように調整している節があるので、本来描く絵柄になっているのかどうかが分からない。

タグ:モノクロ カラー プリ○ュア

フレプリ 37~

ファイル 917-1.jpgファイル 917-2.jpgファイル 917-3.jpg

ようやく再開できた。

と思ったら次は、年末年始は働き詰めになるので更新は暫くなくなります。

あと、全裸ばかり描いていたので、やはり服は下手にたったみたい。

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

ドキプリ

ドキドキはラストまでの伏線が良いと思います。亜久里ちゃんとレジーナの関係とか、岡田さんの行方とか、ベール何してるのとか。ラストに迫るまでのワクワク感は、スイート・スマイルを凌いでます。

---

次は、3月のスーパーヒロインタイム。
ドキドキのまとめ本出すつもりですが、今回のは今までのと違って挿絵の数が多くなるのがポイント。縦長漫画をページに収めるとどうしても最後に余白が出来るので、そこに挿絵を描いてくことに。現時点での予想は20~30ぐらい。

---

一時期、アニメとか漫画の絵とか全部3Dで作ってポージングさせちゃえばそれで済むじゃんとか思っていたけれど、プリ○ュアの映画見てて、やっぱり手描きじゃなきゃあのダイナミックなアクションは描けないんだなぁと思いました。漫画も同じで、暫く手描きという手法はなくならないのだろうと。

最近3Dプリンタが普及してきてて、キャラクターのフィギュアとかもいずれそれで作られるようになるのではという、上記に似た構図が出来つつあるけれどどうなるのだろう。

ファイル 929-1.jpg ファイル 929-2.jpg
ファイル 929-3.jpg ファイル 929-4.jpg
ファイル 929-5.jpg

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

ドキプリ

イベント無事終わりました。

スペースに来られた方々どうもでした。以前来られた方々も覚えている限り何名か来られていて、多少の期待には沿えているのかなと思いました。

どうやったら絵が上手くなるのかという類のことを聞かれたけれど、現状での見解では、楽しく繰り返し描ける描きネタを見つけるのが一番だと思います。練習とかつまらないことしてたら絵が続きません。

お子様連れの方が目の前を何度も往来されてて、R18扱ってる身としてはちょっと困った。しかしエコー・あゆみ制服コスが可愛かったので、心のニヤニヤが止まらず複雑な心境でした。

今回は売り上げ190部ぐらい。イベント参加に関わる諸費用や資材費・合同本の印刷代の分担費用差し引いてもまだ黒字。
持ち込み部数が限界一杯なのと、全てネタバレしているコピー本であることを考えると、これぐらいで次回以降推移してくれればプリキュアイベントとしては御の字なのではと思います。あとは更に画力を引き上げて磐石にしないと。

京都のプリ○ュアイベントの案内の方も。出たいのはやまやまだけれど、やはりスケジュールがあわせられない。アンソロも評価不要は浮いてしまうし毛嫌いしている連中も多いだろうしで参加しづらいし。

ファイル 928-1.jpg

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

ドキプリ

マナ大暴走のコピー本を製本しました。

久しぶりのフルトーンなコピー本ですが、実際に印刷してみると見栄えは想像を超えて良い。今まで頑張って描いてた線画漫画も、それより前に描いていたオリジナル漫画のトーンも、粉々に打ち砕いてくれています。

トナーの消費を抑えるために薄めに設定したトーンも、印刷時には程よいざらつき感が巧妙な質感として大いに働いてくれていて、評価不要のコピー本はネクストステージに入ったという感じ。というか、初めて印刷物に納得できた。前回の線画にしてもその前のトーンにしてもどこか引っかかるものがあったのが、今回は一切無し。

あと、pixivに先行して投稿しましたがこれは、イベント前に一度何かを投稿したかったのと、遅かれ早かれいずれ投稿するためのものだったのと、イベントに先行して投稿した場合の売れ行きの影響度を試験的に見てみたいことと、言葉は悪いけれど2ヶ月ぶりの今イベント参加にあたり已む無く急遽製作した今イベント限りのいわば捨て本なので他の本の売れ行きに繋がってくれれば良いのと、ネタ士として新刊サンプルなどと生ぬるいことはせん、といった理由からです。
---

今後のイベント予定ですが、オフセットの在庫を抱えるのと、100ページ級の漫画2つが控えていることもあって、当初の計画を再考しています。

来年三月のスーパーヒロインタイムに出るかも。そこでドキドキ総集の新刊。
そのあと5月のレイフレ。そこでフレッシュの新刊。

あと、コミケも来年分から申し込んでいってみようと思います。

ファイル 927-1.jpg

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

マナ大暴走 24~26(終)

ファイル 926-1.jpgファイル 926-2.jpgファイル 926-3.jpg

イベントの日はイベントも楽しみですが、それ以上に楽しみなのがイベント前の朝食ビュッフェ。
一人暮らしをしていると食べるものが効率重視になりがちで必然的にメニューが限られてくるので、たまに食べられる極々当たり前の食事が有難い。どんな上手い料理より、当たり前の朝食が恋しいです。

そこで一時間ほど何も考えずに黙々食べる。イベント準備も何もかも終わってのこの時間がこの上なく至福だったり。

美味しいものほど一人で食べたほうが良いと思っています。
自分のペースで小一時間かけて食べる。人に合わせて食べるのは気遣い半分で折角の料理が勿体無い。
複数人で食べるものはそれこそファミレスとかで十分。

---

先日のTVで死後の世界がどうのとか言っていたけれど、目が覚める前のレム睡眠状態で見た夢と現実がたまたまマッチしてただけなんじゃないかと思う。正夢ってのもままあることだし。

---

次回のプリ○ュアらしきバレ画像を見たけれど、今までこの時期感じた胡散臭さがあまり感じられないような。二人ということはやはり前半は夫婦生活なんだろうか。やべぇ。おらワクワクすっぞ。

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

マナ大暴走 22~

ファイル 925-1.jpgファイル 925-2.jpg

三週で終わらせたかったけれど、諸事情でページ数多くなるし、製本作業も絡んでるしで、こんなもん。

始めから終わりまで全裸とは痛快。けれど、服描くの下手糞になりそうで怖い。
カラーも最近全然描いてなくて、コピー本の表紙で久しぶりに描いたらどうにもしっくりこない感じで妥協してしまったので、描かなくなるとやはり下手くそになるらしいです。描いたあとの反省の考察が発生しないのが問題。上手くなるにはやはり沢山描いて沢山考察の機会を発生させないと。

---

新シングルが出たばかりのLUNA SEAに待望の新アルバムが。活動再開してからも、良い意味で変わらないLUNA SEAサウンドに心ときめくばかり。

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

コピー本関連

ファイル 924-1.jpg

合同本でネームを相方の絵描きさんに描いていただきましたが、普段描かないエッチめのを描いていただいて、いやはや苦労かけたと思います。けれど、絵描きさんの普段描かないようなものを見れるのは面白いと思います。

けれど、評価不要が作画担当した方は、いつもと同じエッチギャグ路線だったので、いつもどおりの評価不要節炸裂な感じであまり変わりは映えしません。
真面目なお話とか、いつもと違う路線にならないと、描き出される絵は変わらないでしょう。というか何かたまに、真面目なお話とか描いてみたい。

ーーー

表紙を描いてて思ったけれど、新塗りだけだとどうしても幾つかの表現で旧塗りに水をあけられてしまうみたい。
http://akimbo.sakura.ne.jp/diarypro/diary.cgi?mode=image&upfile=844-4.jpg
新塗りだと上記の様な肌の透明感が現状出ない。上記のが旧塗りの極まった絵なので、発展途上中の塗りと比べるにはやや分が悪いのはあるけれど。新塗りは陰影の掛かったコントラストの強い絵で圧倒的に強い。しかし、表紙や上記の様なあまり陰影を考えない絵には弱い。肌の透明感を求める絵には旧塗りを用いるなど、状況に応じて使い分けるしか無さそう。
一つの塗りであらゆる表現をこなせないと、何か負けた気がして釈然としないし絵に一貫性がなくなるので、いずれ解決しなくちゃならないけれど、解決の目処は全くたたず、まだまだ道のりは遠そう。
絵は本当に難しい。

タグ:モノクロ カラー プリ○ュア プリ○ュア漫画

マナ大暴走 17~

ファイル 923-1.jpgファイル 923-2.jpgファイル 923-3.jpgファイル 923-4.jpgファイル 923-5.jpg

思ったより増えそう。大き目のコマを増やそうと思ったので、1ページの密度は低めです。

トーンは幾つかの規則しか定めていなかったので、単調めになるかと思っていたけれど、描いてくと案外多様な感じに描けていると思います。

---

アニメのドラゴンボールZを一から見た。
良く考えると、バキばりの今じゃ考えられないぐらいマッスルボディー天国でおっさん天国な漫画でした。
あと、主要声優さんのモブ熱演の嵐で、改めてみると面白かった。
けれど、オリジナルの回はバトルに切れが無さ過ぎで泣ける。

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画