記事一覧

ハピネス

黙ってイベント準備すればいいのに、ネタを優先するから毎回苦労する。

ファイル 981-1.jpg

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

変則パース

お遊びで、下の記事で書いていた変則パース作画の図解。

ファイル 980-1.jpg
基準となる人物を配置。

ファイル 980-2.jpg
基準点の大まかなパースを割り出す。

ファイル 980-3.jpg
二つの基準点を元に、中間地点のパースを補完する。

ファイル 980-4.jpg
上記を元に、更に周囲も補完。
後は、オブジェクトや更に基準線を描き込み。

タグ:モノクロ その他

なおれい 17~

ファイル 979-1.jpgファイル 979-2.jpgファイル 979-3.jpgファイル 979-4.jpgファイル 979-5.jpg

人物主体のシーンでは、人物の下書きをして、それに合うパース線を試し引きして割り出して、人物に背景を合わす手順を取っています。

20ページ目の最後のように、人物に合うパース線が中々見つからない場合は、無理やり変則パースで収めたりします。落ち着きなくなりますが、逃げ道として便利です。アクションシーンでも人物の大きな体勢にパースが合わせづらいことが多いので、増える傾向にあります。
シーンの三次元空間中の基準となる2・3点の大まかなパースを割り出し、その間を均等に補完してくと割とそれっぽくなりますが、いささか運が絡みます。基準としては、一番手前の人物と遠くの景色や空の2点や、手前の人物と遠くの人物の2点が基準となるケースが多く、その間にも人物などのオブジェクトがあると前述のと合わせ3点基準となります。

変則パースを上達させるために、たまに見かける魚眼レンズの写真などを少しの間検証してみたり、自身の眼球が魚眼レンズであることを認識し周りを眼球回して見渡し変化を検証してみたりなどしています。
眼球の表面は丸く視野が広いですが、それを平面に置いた平らなキャンバスに伸ばして貼り付けるイメージ。目に映る視野の広い映像をそのままキャンバスに投影するイメージ。

あと、通常のパースの取り方をしていると手前四隅のマス目が大きく歪みますが、歪みによる周りのマス目との差異を減らすように丸く変形してあげると魚眼になります。

―――


最近になってようやくハピネスのCD買いました。
主題歌の人は元AKBと高を括っていたけれど、曲調と相まって非常にポップな感じで良い。もし次回も担当したとしてもバッチリおkな感じ。鼻声っぽいの好き。六花の人とか。
EDの人はガッツリ安定してる。前回・前々回とはまた歌い口が変わってて起用だなぁと思います。

―――

5月のイベント参加に際してコピー本の資材を仕入れたときに、消費税増税の真の恐怖を味わった。消費税の増税分を遥かに上回る割合で資材が高騰していました。

・B5上質紙(90K/4000枚)
¥4800→¥5600
・黒トナー
¥1820→¥2030

イベント活動するには支障ないけれど、安易に印刷失敗できない。10%になったら一体全体どうなることやら。

―――

にわかだけれど、最近男子フィギュアが楽しい。
もともと女子のエロ目的で見ていたけれど、マチダは面白愉快で微妙なイケメンでとにかく気になるし、タカハシは頑張ってほしいし、ハニュウは肌が綺麗で可愛い。はにかみ具合がツボで、リプニとの2ショットとかもニヤニヤしっぱなしで。あと、オリンピックをタカハシに明け渡したコヅカの動向とか、引退してコメンテーターとして大いに活躍してくれそうなオダノブナリとか。

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

なおれい 11~

ファイル 978-1.jpgファイル 978-2.jpgファイル 978-3.jpgファイル 978-4.jpgファイル 978-5.jpg

何の捻りもないけれど、たまにはこういうのも。

トーン使いだしてから裸描くのが楽しい。
トーン絵はいかがなものでしょう。トナー節約のために薄めにしたり、手順簡略化のためにあえて階調を2色に限定したり、カラーと同じポリシーでシーン全体の統一感を重視してたり、他の漫画とは明らかに風体が異なっていると思う。これもまだ発展途上中。

あと今回はライティングが特殊で陰影を特に強調した作りになっているので、今までのとは少し違う感じ。
人物中心のシーンでライティングを通常に戻したりの使い分けが難しい。

タグ:モノクロ プリ○ュア プリ○ュア漫画

カラー

ファイル 977-1.jpg

一時期、縦長漫画ばかりでpixivのサムネ一覧が寂しいことになっていたので、カラーをよく描くようにしました。

カラーは昔から固定のパレットを用意せずその都度配色していますが、今のところ上手くいくかは運次第。始めの高々10数分の配色で出来の5割ぐらいは決まってしまう。

塗り途中の混色の配合具合も、その都度実験的に微妙に変えたりしているので更に安定しない。

あとは、塗り手順。
評価不要は現在、肌色を起点にして塗り始める旧塗りと、陰影を起点にして塗る新塗りの2種類があって、それぞれ肌色が滑らかになる、空気感が出るといった特徴があるので、シーンごとにどちらを使うか決める。

そして、光源。逆光にするか、横からの光か、ほぼ正面にするか。横からのは絵になりづらく意味もあまりないので、ワンシーンの絵ではあまり用いません。複数コマのワンシーンでカメラ位置により光源の方向が変わったときに成り行きで描くぐらい。

そして、環境光。
最近はリアリスティックな青紫よりの色にすることが多いけれど、稀に遊びで赤よりにしたり緑よりにしたり。赤は柔らかみが出るし、緑は落ち着き・静けさを生み出す。

塗りが上手くいくかわからない今の立ち位置が、実は一番エキサイティングで面白い時期なのかもと思います。塗っている最中にこれはいけると分かれば俄然士気は高くなるし、上手くいかないと次はこう配色してみようと挑戦する気合が湧いてくるし、上手くいけばリターンが大きくまた次はこう配色してみようかという意欲にもなる。

絵描きはある種、ギャンブル。

タグ:カラー プリ○ュア

なおれい 9~

ファイル 976-1.jpgファイル 976-2.jpgファイル 976-3.jpg

京都のプリ○ュアまつり、無事終わりました。

(評価不要は参加していないけれど)イベントの前後にも催し物があったり、ラストにダンスタイムがあったりと、他のイベントに比べてより大騒ぎする感じのイベントでした。
ダンスはEDで出ている感じのプリ○ュアが一緒に踊る映像がバックで流れていて、薫満やウルフルンなども登場して大盛り上がりでした。体育会系な感じで、同人誌即売会のがむしろおまけに近いかもなので、絵描きできない人でもプリネタで大騒ぎしたい人は参加されてみていいかもです。

今回個人的に一番面白かったのが、とある女性二人組。一般向けのありますかと問われたので、唯一の非R18のドキポチを結構きわどいですよと付け加えつつ示したら、こんなのうちに置いといたらやばいってとか、おもむろにR18の本手に取ってダメだってともう一方に諭されたりとか、一連のやりとりが漫才っぽくて面白かった。結局なにも買わずに(買えずに?)こちらもどうも御愁傷さまでしたと見送りましたが、いやぁ可愛かった。
こういうことあると、スペース座っててよかったなぁと思います。

その他、女性コスプレの方々も多くそういうのが大好物の評価不要は大満足だったし、イース様描いてのスケブにキュアピース描いちまったり、関西方面にお住いの幾人かの絵描きさん方とも本を交換できたしで、悪くないイベントでした。

ただ、会場で催し物するなら席は縦並びにして、全員横を向いて見れるようにした方が良かった。

売り上げは、サンクリ・スーパーヒロインタイムと同程度で、イベント参加に伴う諸経費を相殺するには十分でした。
以前は遠征費としてお買い求め案件ごとに100円いただいていましたが、あれ以降製本の資材費などを徹底的に削減しているので、以後はしなくてもよさそうです。
最新の原価計算式によると、ドキドキ166ページが原価180円ほどで、フレ24ページが40円ほどのようです。まれに発生する印刷不良やドラム交換などのイレギュラー分は省いていますが、手間は多少掛かれどみなさん思っている以上に安く上がっています。

イベントの為だけに京都行くのは勿体なかったので、次回はもう一日空けて観光兼ねて行ってきたい。桜並木の広大な川原があったり、瓦屋根の建造物が多かったりとイベント以外でも面白かった。伏見とか壬生、祇園など漫画とかで見たことある地名があったり。ア○アブルーの3000円朝食ビュッフェにも再挑戦したい。体調が思わしくなく、和食コーナーだけで終わった。今度は全品制覇したい。

タグ:モノクロ プリ○ュア 漫画

なおれい 7~

ファイル 975-1.jpgファイル 975-2.jpg

遠征のために珍しく土日休みになったので、ちょこっと。

京都遠征に当たっては、食べ物屋調べてばっかりです。次いつ行くかわからないので、なんからしいものの一つ二つでもありついていきたいけれど。

タグ:モノクロ プリ○ュア 漫画

なおれい 3~

ファイル 973-1.jpgファイル 973-2.jpgファイル 973-3.jpgファイル 973-4.jpg

南極海の調査捕鯨禁止については、商業目的兼ねているのは明らかなので禁止になっても仕方ないと思います。何が調査やねん。素直に狩猟となさいと。

尖閣諸島とか北方領土とか、日本のやっていることが正しいことなのかわからないことが多い。
中国と韓国は道徳的に見て悪質なところが多々あるのであまり好きじゃないけれど、よく分からないことをする日本もあまり好きではありません。
道徳という言葉も日本教育の過程で知らずに刷り込まれたものなので、これも客観的に見て正しいものかどうかは分からない。

とりあえず、日本教育に感化されていささかバタ臭くもある主観で見て気分を害するものは悪と、今のところはそうしておくしかなさそう。
調査捕鯨とのたまう日本も、日本に敵対する中国も韓国も全部、悪。

―――

最近プリ○ュア5とSSの主題歌CDを買いました。

プリ○ュアの主題歌CDはちょくちょく集めていて、ガッツリ聞いて満足したら次を買うような感じ。

SSのED1の幸せ作ろうで手を繋ぐシーンは、卑猥な想像しかできない。SSはOP・ED共にオサレな感じで大好き。初代の歌うたってた人、普通っぽいかと思ってたけれど聴きこんでくると結構癖になってくる。ガンバランスのフラチョッピの「もう一回~」は中毒性強い。

まこぴーの人は個性的。この時点で10代とか。以前ルパンの映画でお姫様役で出演していたけれど、まこぴーにしか聞こえなかった。

タグ:モノクロ プリ○ュア 漫画

カラー絵

ファイル 974-1.jpgファイル 974-2.jpg

画像のゆるキャラ的なもの自体は3年前に描いてたもの。
http://akimbo.sakura.ne.jp/diarypro/diary.cgi?no=611

当時の画力では満足に描けずお蔵入りしたネタはいくつかあります。今も画力不足が原因で描けないネタはいくつかあります。下記は、画力向上で無事日の目を見たネタの前後。
http://akimbo.sakura.ne.jp/diarypro/diary.cgi?mode=image&upfile=512-1.jpg
http://akimbo.sakura.ne.jp/diarypro/diary.cgi?mode=image&upfile=590-1.jpg

9年たった今もまだ満足いく絵はなかなか描けない。安定感がなくて、極端にパワー発揮するときもあれば、んん?という絵もあるしで。上記2枚目のは2010年となっていて、これは2010年時点での画力をいささか逸脱した、いわばオーパーツな絵。今なら計算の範囲どころか、1,2段ぐらい上の描写ができそう。

最近のオーパーツと思われる絵は、1年間に描いて今の力量で描けるかというと??なスマプリ表紙絵とか。
http://akimbo.sakura.ne.jp/diarypro/diary.cgi?mode=image&upfile=844-2.jpg
http://akimbo.sakura.ne.jp/diarypro/diary.cgi?mode=image&upfile=844-4.jpg

あとスイート2の表紙。完全な配色による空気感は、やや先の絵かも。
http://akimbo.sakura.ne.jp/diarypro/diary.cgi?mode=image&upfile=909-4.jpg

まだまだこれから。きっと。

―-―

このスコアで総合デイリーランキングに入っていないのはまず無いので、やはり何らかの情報操作は行われていると思われる。
ほぼ同時刻に投稿した二つの絵のうち、スコアが高い絵のほうがランクが低いなんてことあるし。

最近気にするのは、初動(投稿後1日強ぐらい)の閲覧数。これが高いと人目を引くサムネなりタイトルだったということで、見てもらって何ぼの外様向けの絵としては良い絵ということ。他の絵を見てもらえる機会増えるし、その後も更にどんどん伸びてくし。
評価・ブックマーク数が多くても閲覧数が少ないより、今回の絵のように評価・ブックマーク高くなくても只管閲覧数が伸びてくれた方がうれしいし、絵としても成功だろうと思います。点数なんておべっか使って増やせるきな臭い数値より、より深層心理に近い閲覧数。評価不要が求める絵は、閲覧数/点数が3000/3000の絵より、6000/1500の絵。

タグ:カラー その他

ウォームアップスレ

ファイル 965-1.jpgファイル 965-2.jpg

なぜかありすが描きたくなるという。

タグ:モノクロ プリ○ュア